熱中症に注意

屋内外を問わず普段と違う体調を感じる時は熱中症の疑いあり。熱中症患者の約半数は65歳以上。高齢者の熱中症は室内での発症が多く、重症化しやすい。温度計と湿度計、熱中症計を見ながら、エアコンや扇風機で適切な温度や湿度、気流を作る事が大切です。
ZakZakの記事詳細をご覧下さい。